« 刑務所の日本語教育 | トップページ | 簡単な日本語しかできない学生に専門の授業をする(終了) »

2014年7月15日 (火)

簡単な日本語しかできない学生に専門の講義をする

浙江理工大学のサマープログラムの学生たちが来学しています。
これから2週間福井大学で講義を受けて勉強したり,校外学習に出かけたり,と楽しそうなプログラムです。

この学生たち,日本語が専門の学生だけではなく,日本語が「第二専門」という人たちもおり,それほど日本語能力が高い学生だけではないらしいということがわかってきました。

私は,1コマ授業を担当しているのですが,社会言語学の論文を1つとりあげて,それをもとに自分たちの言語行動を振り返ってもらおうと思っています。
ちょうど,日本語と中国語(調査対象者は台湾人です)の比較をした論文なのでちょうどいいだろうと思いまして。

とりあげる論文は,

大浜るい子・王暁青(2006)
「日本と台湾の言語行動対照分析:他家での食事時の言語行動について」

どうなるかわかりません。
失敗はしないだろうけれど,成功するかどうかは疑問。
ですが,大学の提供する講義なので,ちゃんと専門的な内容にしたいのです。

講義まであと2日。

« 刑務所の日本語教育 | トップページ | 簡単な日本語しかできない学生に専門の授業をする(終了) »

その他いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単な日本語しかできない学生に専門の講義をする:

« 刑務所の日本語教育 | トップページ | 簡単な日本語しかできない学生に専門の授業をする(終了) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ